雲仙九州ホテル

長崎半島・野母崎(のもざき)のご紹介

この休業期間に、普段は行けなかった場所へも時々出かけ、皆様の旅の参考にしていただければと思っております。

 

 

ということで、まず第一弾!

 

長崎半島・野母崎(のもざき)へ出かけました。

 

皆様は長崎の野母崎という場所、ご存じですか?

長崎半島の先端にあり、長崎人にとって「夏の海水浴」スポットです。

夏といえば野母崎の海、ドライブにはサザン・・・♪

・・・すっかり年がばれてしまいましたね。

 

 

 

 

 

 

近年は海水浴だけではなく、秋のはじめには「のもざき伊勢エビまつり」、冬は「のもざき水仙まつり」など夏以外でも観光できる場所になりました。

 

 

 

 

 

 

 

おりしも、9月3日から「のもざき伊勢エビまつり」が開催とのことでチャンス!!

お客様に美味しいお食事をお届けするため、地元の魅力的な食材を探すことなども私共の大事な使命。調査隊代表として、さっそく初日に行ってきました。

 

 

 

早い時間帯にもかかわらず、駐車場は一杯で会場には人垣ができていました。

 

 

 

 

 

伊勢エビの味噌汁をワンコインで食べられるイベント日だったようで、これまた長蛇の列。皆さん、いったい何時から並んでいたのでしょう・・・

伊勢エビの魔力、恐るべし、です。

 

 

 

 

 

 

 

建物の中にはいけすが並び、立派な伊勢エビを一匹から量り売りしています。・・う~んおいしそう。

さすがにいいお値段ですが、実際に目で確かめるって勉強になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年で18回目とか。9月3日から23日まで開催中ですのでお近くのかたはお出かけになってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 


 

 

ちなみにこちらは今年の1月末に撮影しましたが、1月初旬から

月末にかけては「のもざき水仙まつり」の季節です。

丘一面の水仙と海、軍艦島まで一望できます。

長崎最南端ということで寒さも穏やかに感じました。

今度の冬、長崎に行かれるかたは足を延ばしてみては

いかがでしょうか。

 

 

 

 

そしてもうひとつ、軍艦島クルーズが一杯で乗れなかった!船が苦手?安心してください!

野母崎に向かう途中、右手海岸をご覧くださいませ♪

とっても間近に軍艦島が見えますから!!(運転のかたはご注意を!)

 

 

 

こちらはよく見える海岸沿いポイントより少し離れてしまいますが、上にご紹介した水仙の丘のからの写真です、ちょっと遠目に写ってしまいましたが・・・(-_-;)

肉眼のほうがもっと間近に見えます(;^_^A

 

 

 

 

 

2月、ホテル内部へ潜入!!

ブログをはじめた冒頭に、まず起工式のお話をお届けしましたが、解体が始まった頃から起工式に至るまでの記録を数回に分けてお届けしたいと思います。

 

暮れにスタッフで館内の片づけを行ったのち、専門業者さんに引き渡しを行い1月に解体作業も本格的に始動しました。

 

1月はまず内部撤収を集中していたようで、外観はほぼ何も変わらない様子でしたが2月になると徐々に変わってきました。

 

 

 

ホテル全景です。
このように廃棄物が積みあがりました。

 

 

 

 

毎日見慣れたキーボックスが屋外へ出され寂しそう・・・。

 

 

 

 

皆様ご記憶ですか?ホテルの正面玄関付近がこの時点でこんなふうになっていました!
まじかで見ると、その破壊ぶりは結構な衝撃です。

 

 

 

 

そしてさらに、ロビーラウンジです。
だいぶ様変わりの光景です・・・愛着ある居場所が崩されてゆくのは、なんともいえない、せつない気分です。

 

 

 

 

懐かしく思ってくださるお客様もいらっしゃるかもと思い、折角なので客室や廊下など経過の記録もあわせてお届けします。( 画像が不鮮明で失礼します)

 

 

2階廊下 エレベーター前

 

 

 

 

2階客室

雲仙⇔長崎空港(JR諫早駅)間の直行バスが運行開始!!

今回はホテルの話ではありませんが、雲仙温泉へお越しになられる

お客様へのお得な情報です。

 

 

これまで「長崎空港から雲仙までの直行バスはありませんか?」「JRで諫早まで来ますが、バスの乗り継ぎに時間がかかって・・・」
など多くのお客様からお声をいただいておりました。

私共としてもどうにか交通の便を良くしたい!!という思いでしたが、このたび直行バスを実現できることになりました!

 

 

 

 

 

長崎空港やJR諫早駅など交通機関から乗り継ぎなしで小浜温泉・雲仙温泉に直行できるバスをご利用いただけます。

これから小浜・雲仙方面にお泊りをお考えのお客様はご検討されてはいかがでしょうか? 乗り換えなしで楽だと思います!!

 

 

 

*2017年10月1日~2018年9月30日までの運行期間となります

 

*往復1日1便(往復3000円)です

 

 

*往復の時刻*

長崎空港 14:00 →諫早駅 14:40 →小浜 15:30 →雲仙 16:00

雲仙 11:00 →小浜 11:30 →諫早駅 12:20 →長崎空港 13:00

 

*ご宿泊予定の旅館・ホテルに直接ご予約いただけます。

*2日前までの予約が必要です。

*詳しくは、下記加盟旅館をご確認のうえお尋ねください。

 

 

 

スタッフ壮行会!

荷物の仕分け整理もひと段落ついた12月の暮れ、スタッフの壮行会を行いました。

休館期間中、スタッフは別のホテルやお店などに出向としてしばらくお世話になります。

まだ営業していた頃の話ですが、お客様に休館の予定をお話ししますと、「スタッフは休館中どうするの?」と、心配してくださるお声をたくさんいただきました。

まるで家族のことのように考えてくださって本当にありがとうございます!!

そして現実問題。
この間、スタッフにどう過ごしてもらうか。
毎月のお給料は必要ですし、でもホテルとしては休業期間の収入はゼロです。

本当にシビアな状態です・・いろいろと悩みましたが結果、他のホテル様がご厚意で引き受けていただけることになり、おかげで出向させてもらえるようになったのです。

本人達もありがたいことに、この事情を理解してくれて出発します。

慣れない場所で大変で苦労をかけ、いったん離れてしまう寂しさもありますが、これもまた新たなホテルづくりの勉強、経験にしてもらいたい。

皆で素敵なホテルを作ろう!!と誓った夜でした。

食器の山!!

最初に、起工式のお話からスタートしました。

今回からはしばらく過去の記録にさかのぼります。

 

休館後からの私共の日々の記録などをお伝えしていこうと思っています。時系列や事柄が混合したりしますがどうかおつきあい頂ければ幸いです。

 

ということでさて・・・

今となっては遠い昔のようですが、今日はホテル休業直後・2016年12月のお話です。

 

まずは解体準備までの作業として館内備品の仕分けを行いました。
整理になんと1ケ月以上もかかってしまいました。

 

 

館の中には、これまで最高350名様に対応できる大小無数の備品があらゆる場所に配置されていました!スプーン、猪口など小さなものから、家具類、・宴会場の大道具まで・・・

 

 

みんなで寄せたり移動したり・・莫大な品数と重量に、腰痛・筋肉痛に耐えながら頑張りましたが、人間一人の力なんてまさに蟻並みの小さいものと痛感。

 

いくらやっても、やっても目に見えて片付けが進まず途方に暮れる気分でした。(画像はほんの一部です)

 

本格的解体始動は1月から。建物の解体といえば、外観からダイナミックにガガガァと大きな重機で取り壊しがはじまるイメージですが、その前に大変なのが内部荷物の取出し、廃棄物の仕分けに時間がかかり、それからやっと、運搬ルートを確保しながら建物の解体を進めていく作業になります。

 

半年間、作業のかたには大変なご苦労になりますが事故怪我のないようにと願いながら引き渡しを行いました。

  1. 1
  2. 2
  3. 14
  4. 15
  5. 16
  6. 17