雲仙九州ホテル

ディープな島原半島!!

 

島原半島はキリスト教とゆかりのある地です。

 

 

原城の天草四郎をイメージされるかたも多いと

思いますが・・・

 

 

 

 

 

今日は、その中でもなかなか訪れる機会がない

のでは??

 

というディープな場所をご案内します。

 

 

 

島原半島にはキリシタン墓碑が点在していますが

その中のひとつ、吉利支丹墓碑(きりしたん墓碑)

です。

 

 

 

 

 

南島原市西有家町にあり、国指定史跡になって

いるんですね。

 

 

前から興味があったのですが、見学できる

という会があるということで開催の折に

出かけてきました!!

 

 

どんなところにあるんだろう?

 

と思っていましたが、風光明媚な海岸線に車を

停めて、住宅地に入ります。

 

 

びっくりしたのは・・・

 

そのキリシタン墓碑は、日本式の共同墓地の

中に位置しているので、お墓の通り道に入り

こむわけです。

 

思わず、「すみません、お邪魔します・・・」

と独り言を言いつつ静かに見学させていただき

ました!!

 

 

1610年に亡くなったキリシタンのお墓はローマ字

が刻まれ、日本で最も古いお墓になるそうです。

 

思わずのぞき込んでしまいますが、風化しない

ためでしょう、ガラスで覆われています。

 

 

1610年といえばキリスト教の繁栄にも陰りが

見えてきた頃になりますでしょうか。

 

この中に収められているかたに、どのような人生を

歩まれたのか聞いてみたい気分になりました。

 

 

 

 

もうひとつは有馬川巡教地です。

南島原市北有馬町にあります。

交通量もある県道沿いにあるのですが、恐らく

教えてもらわないとうっかりスルーしてしまう

場所だと思います。

 

 

十字架が目印になりますでしょうか・・・?

 

 

 

元・キリシタン大名である有馬直純は、その家臣

たちにも棄教をすすめましたが、それでも棄教しな

かった家臣とその家族8人が1613年、この浜辺の

中洲で殉教したと言われています。

 

 

 

 

1549年、日本にキリスト教が伝来し繁栄、そして

1612年の禁教令、潜伏の時代を経て1865年の信徒

発見まで・・・

 

 

この島原半島でどのような出来事があったのか

興味は深まります。

 

 

 

やはりこのような場所は、地元ガイドさんの説明

を聞きながら回るほうがより深まるかもしれませ

んね・・・。

 

 

 

また違う場所へ勉強に行ったらご紹介することに

しましょう!!

 

 

 

 

 

人の力が必要です!!

週のはじめにかけて台風の影響が出そう

です・・・!!

進路にあたる皆様はどうぞお気をつけください!!

 

すっかり秋になり、観光バスの往来が多くなり、

修学旅行が目立っています。

 

雲仙も、もうすこしで紅葉の季節になります。

今年のでき映えはどうでしょうか・・・?

楽しみですね!(^^)!

 

 

さて今週のホテルの現場です。

 

 

 

遺跡の発掘調査みたいに見えるのは私だけ??

 

 

 

先週は土を掘り返して溝をつくっていましたが

その次の段階、基礎をのせるためのコンクリート

ができあがりつつありました。

 

 

 

 

奥のほうも地盤づくりの基礎の規模が、先週よりも

拡張してきました。

 

 

 

 

 

 

九州ホテルという種をまいて、いよいよ発芽が

始まった!!

 

・・・という感じがしています。

 

 

 

現場を見ていると、なにかを完成させるには、

たくさんの人の力が必要であることをしみじみ

と感じます。

 

工事の過程で、これからも様々な専門のかたに

力を借りながら完成をめざしていくことでしょう。

 

 

 

人の力といえば、私共も、オープンに向け、

スタッフを集めなければなりません。

 

 

 

春先の学校回りからはじまり、加えて初夏の頃と

先日、、二回にわたり、新卒者対象の合同面接会

に参加してきましたが・・・

 

 

 

 

数年前から私共のホテルも、希望者が少なくなって

いる傾向にあり心配をしていましたが・・・

 

 

 

 

全体の新卒者数が減少している現状に輪をかけ

県外への流出、地元に残る就職希望者が今年は

さらに少なくなっているようです。

 

 

私共を含め、地元の企業が望む求人数と、新卒者

数のバランスがとれなくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

AI (人工知能)の研究発達が進められている昨今

ですが、私達の業界、とくにリゾートホテルや

旅館などは、人が人をおもてなしする場所なので

時代が進歩しても、人の力は絶対に必要です。

 

 

 

 

人をおもてなしする職業は、いろいろと気を

使うことが仕事ですから大変な仕事と思われる

かたも多いですが・・・

 

 

その分鍛えられ、頑張ったぶんだけ自分自身に

成果がつきます。

 

おのずと気配りができ、人の痛みがわかり、人と

のご縁も広がる「人間力」のつく仕事だと思って

います。

 

 

「こんなホテルに勤めてみたい」と目指される

ようなホテルになれるよう、私含め、各々の

スタッフが精進していかなければと思っています。

 

 

 

コンセプト④温泉地の宿に足りないもの

 

「温泉入って、ゆっくり、のんびり、おいしい

もの食べて、お腹もいっぱ〜い。お酒もはいって、

ちょっといい気分♪」

 

「さて、部屋に戻って・・・。」

 

「ああ なんか眠くなった。」

 

「(普段のように)テレビ、テレビ 」

 

「せっかく温泉来たんだから、もう一回お風呂!」

などなど。

 

 

 

でも、「何かすることなくて、家にいるのと変わ

らないな…。」

温泉地を訪れて、そんな風に感じたことはありま

せんか?

 

 

 

 

 

 

「ゆっくりしに来たんだから、別にそれでいい」

そう仰る方も多いかもしれません。

 

 

自戒も込めてですが、温泉地の宿はここの工夫が

足りない‼️

私達はそう思いました。

 

 

この「夕食の後の過ごし方」、➕αの未知の価値

を探すために、私達はまず「温泉地のホテル旅館

の足りないコト、もっとこうだったらいいと思う

コト」

に注目しました。

 

 

 

グループ団体での旅行なら、

宴会の後、二次会のカラオケバーや夜食の店など

行かれるでしょうが、

 

個人旅行となると…。

 

 

ファミリー向けの、お子様が楽しむ設備や企画が

ある宿も出てきました。

 

 

 

 

 

しかし、特に私達がイメージしたご夫婦の旅に、

それに相応しい場がない!!

 

 

「ご夫婦のためにカウンター席のオシャレなバー

を備えている宿は他にもあるでしょ?」

 

「うん。確かに」

 

「でも、そういうバーって結構高いし、部屋に

帰って販売機かコンビ二で買ってきたお酒を飲め

ばいいんじゃない?」

 

「以前、旅行したホテルで、折角だから奥さんに

『バーに行くか?』と誘ってみたけど・・・

『もったいないからいいよ~』とか、『部屋で

飲めばいいじゃない!!』

って言われて、何かテンション下がったし、

こんな時だからって気を遣ったのに・・・って

雰囲気悪くなってしまったよ」

 

「そうなると、宿側にとっても何か揉める

きっかけを作ってしまったみたいになるよね…」

 

 

・・・(長く沈黙)・・・

 

 

「ドリンク一杯サービスとか?」

 

「ん~できれば、よくある一杯特典とかじゃなく、

もっと思い切ったサービスならいいですよね??」

 

「できるの? そんなこと。

大損することになりません?」

 

 

 

その後、その飲む場所のスタイルや運営方法は

もちろん、ホテル全体の運営の仕組みを考えて

みることにしました。

 

 

 

この「夕食後の過ごし方」は一つの例ですが、

 

他にもチェックインからチェックアウトまで、

 

ご滞在中の時間帯毎に、

 

特に「ご夫婦での過ごし方」をイメージして、

 

新ホテルに必要な設備やサービス、

 

おすすめの過ごし方の提案をしては?

 

という具合に広がっていきました。

 

その過程で一つのキーワードとして、

 

「大人のデート」が生まれました。

 

 

7ケ月間お疲れ様でした!!

さあ、今日はいよいよ、ホテル解体作業記録も

最終回となりました!!

 

 

7月中旬の光景です。

 

 

 

あああああ!!

 

 

玄関のツツジの植え込みが無い!!

覚悟してなかったので、ちょっとショック・・・

 

 

 

前回の記録では、まだまだ廃棄物や砂利の山

がいっぱいあった場内は、かなり収まりスッキリ

していました。

 

運搬が相当大変だったことでしょう。

お疲れ様です!!

 

 

 


 

 

 

そしてその1週間後、7月下旬の頃。

 

 

 

 

うわっっ!!

 

何にもない!!

 

 

 

 

 

敷地内が、綺麗に整えられて、整然✨✨ と表現する

べきか、几帳面な仕事ぶりを見せてもらいました。

素晴らしい眺めです✨

 

 

 

 

 

 

ホテルから国道に向かって、正面は絹笠山です。

画像でお伝えできる限界がありますが、

本当にここで野球ができそうな広さです!

 

 

 

 

 

正月明けの解体スタートからまる7ケ月間、現場の

作業の方々には本当にお世話になりました、

ありがとうございました!!

 

 

7ケ月の間、お互いの顔を見ながら過ごして

きたわけで、引き上げる日には、「なんか寂しい

ですねっ」なんて話をしながらのご挨拶となり

ました・・・。

 

 

携わってくださった皆さんが、これからも

お元気でご活躍されますように・・・(‘ω’)ノ

 

 

そしてこのあと、8月3日に起工式が執り行われたしだいです。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100年ぶりの風景!?

 

6月中旬。

とうとう建物がなくなりました。

 

 

解体の途中の経過を見ていると、長いよう

でしたが、なくなってしまえばあっけないもの

ですね・・・

 

 

 

そんな中、現場は休むことなく、重機が

わっせわっせと後片付け作業を続けていました。

 

 

 

 

 

撤収するものがまだまだ「山」になって

危険でしたので、ちょっと遠慮しながら。

 

 

 


 

 

 

そして6月も下旬になると、だいぶ様変わりしました。

 

 

国道入り口より。

 

 

片付け運搬作業がずいぶん進みました。

 

 

百年ダイニング側からです。

 

 

 

 

 

ちょうどまんなかあたりの場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

雲仙地獄がちょうど正面に綺麗に見えるように

なりました。

 

 

 

 

 

以前にこの位置から、この眺めを見られたのは、

九州ホテルが創業する前のこと・・・

 

ということは100年ぶりの風景???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5