雲仙九州ホテル

解体も追い込み その②雲仙地獄より

 

前回にひきつづき、6月中旬の解体記録です。

 

 

 

 

雲仙地獄の遊歩道を歩いてみました。

 

雲仙ネコがのんびりと寝ていました。

 

 

ネコはのんきでいいなあ。

 

 

 

ここは遊歩道へ入ってすぐのところです。

 

2階と3階の外壁だけが残った状態でした。ここだけ

見ると、普通の2階建ての住居みたいです。

 

 

 

 

 

全景を見るため、遊歩道をさらに登っていきま

した。

 

 

壁、窓ガラス一枚でもう向こう側が透けています。

 

 

 

ご記憶の方もいらっしゃると思いますが、もとは

このような建物でしたね・・・。

 

 

 

 

建物も、この50数年間お客様のため一緒に

頑張ってきた大事な家族です。

 

ですが歴史を重ねると同時に建物も年を取ります。

 

老朽化は否めず、お客様に見える部分は時代に

合わせ、数回にわたり改装や手直しを行って

きました。

 

特に硫黄の影響も強いので、建物の内臓にあたる

設備面の故障は常にあり、絶えず手当てをして

きました。

 

 

「歴史あってこその味わい」とのお声の反面、

古さへの指摘も同時にいただいてきました。

 

 

ずっとこのままというわけにもいきません。

 

これからホテルをどうしていったらいいんだろう。

 

 

日頃、お客様をお迎えしながら、心では

長い時間をかけ悩んでいました。

 

そして様々なことを検討の末、建て替えという

決断に至りました。

 

 

決断したものの終わりが見えてくると、家族を

失ってしまうような、これまでの思い出や歴史も

消えてしまうような・・

 

 

ついつい離れがたい気持ちでその場に長居して

しまいました。

 

しかしこれも、九州ホテルの歴史を未来へ繋げて

いくための過程です。

 

建物に、「これまでよく頑張ってくれました!」

 

感謝の気持ちで一杯になりました。

 

 

解体も追い込み その①正面より

 

今日は、6月初旬頃の解体記録のお話です。

 

 

昨年の暮れにホテルを休館し、それから半年が過ぎ

初夏を迎えようとする頃、解体もそろそろ終盤と

なっていました。

 

 

後半は助っ人重機も参入し、現場は賑やかになり

スピードも上がっていきました。

 

 

 

ホテルの正面から様子を見ると砂利の山の向こう

側に、最後の一角・雲仙地獄側に面した客室側が

最後に残されました。

 

 

 

 

建物自体の解体がいよいよ完了間近になりました

ので、最後の姿をいろんな方向から記録して

みました。

 

 

国道に面したホテルの入り口ですね。

 

 

 

 

こちらはわかりづらいかもしれませんが、ホテル

の向かって右手から雲仙地獄の遊歩道に入った

側面です。

 

 

 

 

 

そしてさらに奥へ。

こちらはスタッフしか入れない裏路地ですが、

画像右手、客室の下はひのき湯になります。

 

 

 

 

庭園側から国道へ向かって撮影。

これまで、ここから見えなかった絹笠山が正面に

見えていました。

 

 

 

 

とうとう、四方がぐるーっと見渡せる状態になって

しまいました。

 

 

 

次のブログ(その②)では、雲仙地獄から見た状態を

お届けしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

「みなんめ」ってなに?

「みなんめ」・・・これは、島原半島独特の言い回し

です。

 

私も雲仙に来た当初、どういう意味だかわからず

教えてもらいました。

 

故郷・長崎と60キロの差で方言もだいぶ違います。

 

 

島原半島の南部に位置するエリアの「南側」を呼ぶ

とき・・・

 

南側=南目=みなんめ

 

と呼びます!

 

ちなみ島原半島の北側は「きたんめ」です(笑)。

 

 

さて、それをふまえて、ここでお店の紹介。

「みなんめキッチン」。どのエリアにあるお店か、

もうわかりますよね!?

 

 

 

 

 

 

どういうお店かというと、椎茸を扱うお店です。

 

昔から椎茸栽培はこの地方の特産のひとつです。

地元生産者のかたが自社の椎茸栽培工場とお店を

兼ねています。

 

 

 

 

直販やその椎茸を使った軽食など、親しみやすく

かわいいお店ですよ。

椎茸のスープ、美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

そしてこの「しいたけパウダー」もおすすめです!

料理の味付けにコクをつけたいとき、このしいたけ

パウダーをほんのちょ~っとだけ入れたら味がグンと

深まります。

 

 

 

 

雲仙から口之津方面へ車で15分ほど。

諏訪の池近くですが、こんな山林のなかに・・・

という場所に椎茸色のお店が突如現れます。

 

 

 

 

 

椎茸は腸活にとっても効果があるとのことです。

お店にお立ち寄の際はお気軽に調理法や健康法など

訊ねてみてくださいね!!

 

 

住所 長崎県南島原市北有馬町甲1414-8

📞  0957-84-3846

 

 

 

 

 

コンセプト③癒しの次にくるものは?

私達の強みからそれを受け入れていただけるお客様

のイメージは、子育てから手が離れたご夫婦。

50代以上の方々ではないだろうか?と思ったのも

束の間、

 

では、その大人のご夫婦にどう過ごして

いただくか?

 

どのようにしたら滞在時間を良いものにして

していただけるか?

 

コンセプト探しもいよいよ本題に入って

いきました。

 

これまで多くの旅や宿泊の「経験」と、趣味の

分野はもちろん、あらゆる「知識」も豊富な

方々。

 

そしていいものを見る目も肥えた方々。

 

そんな方々の旅の目的は?

 

一般的には地方の温泉地となれば、それはやはり

「癒し」でしょう。

 

 

 

 

日頃の疲れを癒すために、「ゆっくり、のんびり、

地元の美味しいものを食べて・・・。」

ということだと思います。

 

誰もこのことに異論はありません。

 

 

が!! しかし、日本全国どの温泉地のホテル・旅館

はすべてこの「癒し」をコンセプトにしていると

言っても過言ではありません。

 

そのために提供の方法は違えど特に「温泉」と

「食事」には、各館様々な工夫をこらし、その充実

に力を入れ、競争は熾烈です。

 

 

 

 

もちろん、その事はこの先の未来においても、

お客様にとって大事な要素でしょう。

 

 

そんななか、ホテルを建て替えるという機会にある

私達にとって、これからもこの癒しでいいのか?

 

癒しのグレードアップ。温泉・食事にお部屋や

サービスといった各パーツの質を上げるということ

だけでいいのだろうか?

 

 

そこに、癒し+α(アルファ)のなにかを加えられない

だろうか?

 

 

悩んだ私達は、他業種に目を向け、ひとつのヒント

に出会いました。

 

それは、ゲーム業界の話。

 

新商品を開発するにあたって、その商品コンセプト

を考える過程を綴った本で、

 

そこにはこうありました。

 

①コンセプトとは、お客様がすでに気づいて

いる「既知の価値」から、お客様もまだ気づいて

いない「未知の価値」を見つけること。

 

②コンセプトは、世の中をよくすること。

お客様もスタッフも幸せになること。

 

そして

③お客様にもスタッフにもわかりやすく、

伝わりやすいこと。

 

この本が、+ α を見つける方向性を私達に

与えてくれたのでした。

 

 

 

「庭先回り」追っかけ!!

10月7日から9日までが毎年「長崎くんち期間」

です。

 

長崎市内はくんちムードで盛り上がっています。

特に今年は連休も重なり、人出も多かったのでは

ないでしょうか。

 

 

長崎くんちの奉納踊り(出し物)といえば、諏訪神社

の長坂で観客が桟敷に座って見学するのが一番有名

なシーンだと思います。

 

 

このように桟敷で見学できるメイン会場が諏訪神社

のほか二か所設けられています。

 

 

 

県外のお客様から、「出し物は桟敷席でしか見る

ことができないんですか?」と聞かれることも多い

のですが、町あるきをしながら、くんちの出し物を

見学する方法もありますので、ご案内をしたいと

思います。

 

 

それは「庭先回り」というイベントです。

 

長崎市内のかたには常識ですが、各踊り町はメイン

会場で出し物を披露する以外の時間帯で、長崎市

中心部の事業所、店舗などの軒先を順に回って

披露しています。

 

これが「庭先回り」と呼ばれる、福を届ける

縁起物のイベントで、町の中心部を歩いていると

その光景を目の前で見ることができるのです。

 

 

 

今年は思い切って、この庭先回りの追っかけを

やってみました!!

 

 

各町の出し物が市内中心部で、このように町のお店

を一軒づつ回っていきます。

 

「川船」です。

 

 

桟敷席では距離がありますがこのように至近距離で

見ることができるのが醍醐味!!

 

ものすごーく得した気分でテンション上がります!!

 

 

 

 

 

子供さんも期間中頑張っています!!

くんちに出れたら長崎っ子にとって一生の思い出

(誇り)です!!

 

 

 

これらの出し物を確実に見るためには、庭先回り

の予定スケジュールマップを参考にするもよしです

が、「長崎くんちナビ」なるホームページでは

「出し物」の現在位置が1分間隔で更新されて

いますのでかなり正確でした。

 

 

素晴らしい・・・。

便利な世の中になったもんです(笑)。

その「くんちナビ」をたよりに、追っかけを続行!!

 

 

「竜宮船」です。(性別は女性です)

 

 

 

 

 

 

 

町のみなさんも多数付き添われ、頑張っておられます。

 

 

 

 

 

 

「本踊」も見ることができました。

一番右奥、白い着物の方々が踊り手さんですね。

 

 

 

見えづらいですがこちらも奥の赤い着物の方々が

踊り手さんです。

 

 

 

 

一軒づつ、船を曳いて回るのも大変だと思いますが

こちらの踊り手さんがたも衣装をつけて一軒づつ、

この暑さのなか、踊って回られるわけですから、

いやもう本当に、お疲れ様です。

 

 

 

6月から稽古がはじまり、メインのくんち期間は

ものすごいスケジュール、体力・気力勝負の祭り

です。

 

毎年のことながら各踊り町の方々の心意気には感服

です!!

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 10
  7. 11