雲仙九州ホテル

地元のお魚事情について

今日は、地元の魚(鮮魚)事情についてのお話です。

 

 

料理の中で大事な食材のひとつ、海に囲まれた長崎県の

新鮮な魚を期待されるお客様も多いのではないでしょうか。

 

 

たとえばこちらは、島原半島の南部に位置する南島原市

で漁獲量が高く名物の”あらかぶ”ですが,

(全国的には”かさご ”ですね!)

 

 

お客様が「こちらではこんな魚がとれるんだなあ」

などと、お住まいの地域と比べながら食されて

思い出話にされるのも旅の楽しみのひとつですよね。

 

 

 

これまでは四季の献立が決まればそれに準じて決まった

種類の魚を仕入れることが多く、旬のものなどを

こまめに提供できる機会が少なかったのが心残り

であり反省点でした。

 

 

これからはそのような面をできるだけ改善したいという

思いもあり、島原半島内の漁協さんへ時々お話を伺って

います。

 

 

 

 

島原半島内でも地域ごとにいくつかの漁協さんに分かれ

ていて、各市の漁場で獲れる魚の種類が違うことや、

季節によって変わる旬の魚、年間漁獲量など知らない

ことばかりです。

 

 

海が近いので、漁獲も容易いのではと思っていました

が・・・

 

 

以前とくらべ漁獲量は減少していて、海水の温暖化

からか、これまで獲れていた種類が少なくなり、

かわりに南方の魚や、見たこともない珍しいものが

揚がったりと、海の中でも環境の変化が起きて

いるようです。

 

 

自然環境が変化するにつれ、その土地で昔から獲れて

いた地元の魚を提供することも、これからの未来

難しくなるのかもしれませんが、やはりお客様には

新鮮で美味しい魚を提供したい思いがあります。

 

 

そのためには魚に対する知識や調理法、日頃のこまめな

情報収集、ネットワークづくりが必要となるようです。

その為にもひき続き研究していきたいと思います。

 

 

 

 

 

コンセプト探し①強みと弱み

 

私達のコンセプト探しの旅は、まずホテルの「強み」と「弱み」を挙げることから始めました。

 

 

「強み」―他と比較して独自の特徴と成り得る事

 

として私達が挙げたのは…

 

①雲仙独特の風景 地獄谷に囲まれた立地。

 

 

 

 

 

②地域の観光の歴史とも重なる 創業100年の歴史。

 

③外国人用ホテルから始まったことから洋食を始め洋の文化を持つ点。

 

 

 

 

逆に「弱み」となっている点は?

 

①過去の歴史上、源泉を他に分け与えたため、例えば源泉100%の掛け流しの温泉はできない点。

 

②強みと裏腹に硫黄の影響により、使える建設資材に限りがあり、且つ腐食や故障が多い点。

 

 

 

 

③また客室の備品に最新モデルの電化製品でグレードアップをはかるのは難しい事。

 

強みと弱み…。

 

他にもいろいろ出し合いましたが、代表的なものに集約するとこのような事でした。

 

これまでお客様からも設備や建物の古さを言われる事が、しばしばございました。

 

この点では、建て替えることにより大幅に解消されるのですが、サービスや料理については今まで以上に努力する必要がありますし、永遠の課題と自覚しています。

 

 

その上で、新しいホテルは…

 

立地や歴史からくる強みを活かし、雲仙という場所の地域性を色濃くすることで、

 

お客様にも”雲仙らしさ”を感じていただけるようにしたいと思ってます。

 

 

 

 

 

 

痛々しい姿になっています。

前回、解体の記録で建物の正面が半分になってしまった様子をお届けしましたが、その後ほんの1日足らずで作業がさらに進行し、その様子はさらにがらりと変わってしまいました。

 

 

建物全体的に表面の壁面やガラス、枠などがすっかり取り外され、全体的に「一枚めくれてしまった」その様子は廃墟のようで、昨日にひきつづき衝撃の光景になってしまいました・・・。

 

 

 

 

 

 

 

すがすがしい春の青空を背景に、とても痛々しい姿です。

 

建物の大きさからかどうしても目立ってしまい、やはり異様な光景に映ったのでしょうか、歩行者のかたや、運転中のかたも車を停めて写真を撮っていたりと、ホテルの前で足を止めるかたが多くなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

建物に気持ちがあるならば、本人の意思とうらはらに弱ったところを無理やりさらけださせてしまったような・・・大変申し訳ないないなあと思ったりして・・・。

 

 

できるならば隠してあげて「見ないでください!!」と言いたいところだったんですけどね・・・。

 

 


 

 

 

 

 

雲仙⇔長崎・諫早方面への最短ルート・県道128号線からの夕陽

です。

 

 

ここは通称「岳道(たけみち)」と呼ばれる早道ルートで、麓から標高700メートルの雲仙まで、10分ちょっとで一気に上がれる道路です。

 

カーナビの誘導でこの道を登ってこられて、「怖かったああ」とびっくりされるかたもいらっしゃいますが・・・以前(拡張工事前)は、上から下まで車1台分しか道がないような離合だらけの林道だったんですよ。

 

その当時から比べると、今は観光バスも通行しています。便利になりました!

 

 

 

 

 

 

屋根が半分に・・・

今日は、前回のホテル解体記録・4月下旬の続きとなります。

 

前回までは、側面の解体は進行していたものの、正面側はまだまだしっかり残っていて、なんとか全体の原型をとどめていたのですが、それから数日経過しますと様相が随分と変わってきました。

 

 

 

 

 

 

正面からの全景写真です。

最上階屋根の部分から、まるでナイフで真半分に切り取られている状態になっていてぎょっとしました!

 

建物の半分から、山の緑のCGを貼り付けたような状態にも見える、なんとも不思議な光景に・・・!!

 

 

この全景は、長いあいだ「九州ホテル」を代表する景色で、看板と建物を背景に、お客様がよく写真を撮られていました。

 

 

過去にここで撮られた当時の写真を持参してくださったお客様も時々いらっしゃいました。

新婚旅行当時の白黒の写真や、よそいきの服装でポーズを取る子供時代の写真など・・・。

 

「その当時のホテルはこうだったのよ」など、ホテルのエピソードなどを教えていただいたり・・・。

本当に思い出深いですが、いよいよその歴史を語る象徴的な部分が取壊しに入り感慨深い思いになりました。

 

 

 

 

 

 

 

併せて、普段お客様にお見せしていないバックヤードもお届けします。

お客様には馴染みのない場所ではありますが、事務所や配膳、調理場があった場所です。

 

これまで慣れ親しんだ場所なのに、すっかり撤収が終わってしまった空間に入ると、「ここはどの辺りだったっけ?」と、階段や柱を手掛かりに・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフがここで朝から晩までワイワイと頑張っていた光景を思い出し、「いろいろドラマがあったなあ・・・」と懐かしくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

星空とコタツ。

 

星空とコタツ!!?

 

なんともミスマッチで意外な組み合わせ!

何の関係性もないようですが、雲仙温泉ではふか~い関係があるのです。

 

 

「ナイト エコタツ ユニークツアー」が10月より雲仙温泉・旧八幡地獄で開催スタートします。

 

 

 

 

9月14日・長崎新聞の記事です。マスコミのかたもたくさん集まってくださいました。

 

 

これは、雲仙の地熱を利用した天然のコタツに入って星空を見よう!という雲仙ならではの珍しい、まさに”ユニーク”なツアーです。

 

“ エコタツ ”とは???
地獄(旧八幡地獄)の石畳の上に、セットしたコタツに入って
ホッカホカになる、まさにエコなコタツ!です。

(もちろん、コンセントはありません!!)

 

開催前にあたり、事前の体験会に参加してきました。

 

場所は、旧八幡地獄。
ここはその昔、現在の雲仙地獄のように湯けむりや沸騰した湯が沸きあがる場所だったそうですが長い長い時間を経て地獄の活動がおだやかになり、今は月面のような景色の場所なので月面地獄とも呼ばれています。

 

 

こちらで星の種類などの説明を受けながら、おのおのがエコタツに入ってみたり・・・

 

 

 

 

 

そのまま地面に横になってみたりして夜空を仰ぎます。

星空観察には、寝た姿勢なので首が痛くなることもなく、不思議と理にかなっている気もします。

 

さらには地表が地熱で全体的に温かいので

地球のパワーを感じられる。

考えてみたらこんな場所ってそうそう無いのではないでしょうか??

 

(特に熱い場所などがありますので少々注意が必要です。)

 

 

 

 

夜空がよりよく見えるよう、光を落として、皆静かに横たわっています。

そうするといろんな思いがよぎります。

 

・・・大地に寝ころぶなんて、子供のときぶりだなあ。

 

地熱のパワーにびっくり・・・大地って生きてるんだ。

 

あ、いま、珍しくスマホさわってないなあ~・・・

 

これまで下ばかり向いて歩いていて、こんなに星がきれいなことに気がつかなかったなあ~・・・

 

 

*星空は街の灯りが少ないほど見えやすいため、雲仙は好条件な場所だそうです*

 

 

このような時間の過ごし方って、初めてでした。

 

日常の慌ただしさから離れ、自然と素朴に向き合い夜空を見上げる自分だけの時間。

まさに「非日常」のひとときを過ごしました。

 

これから寒くなる季節、地熱のあたたかさに癒されますよ~!!

こんな気持ちになれることがホントの価値かもしれません。

 

 

「ナイト エコタツ ユニークツアー」は、10月からスタートします。(毎週土曜日のみ開催)
詳細は、お泊りの各宿泊施設へお尋ねください。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5